スポンサーリンク

誅韓論

われわれの眼前には二つの選択肢がある。 一つは「韓国人の謳う日韓友好の道」だ。換言すれば、相手の「奴隷」になることだ。彼らは口では「友好」を謳うが、本当の意味での友好関係を結ぶ気などさらさらないことは誰の目にも明らかだ。 彼らが望んでいるの ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! このように北朝鮮が内戦に勝利したとしても必ずしも悲観する必要はない。しょせんは朝鮮半島というフレーム内の主導権争いにすぎない。 中国は在韓米軍の撤退後、必ずや朝鮮半島への民族大移動を開始 ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! さて、「在韓邦人と在日韓国人の交換の儀」を終えた。これで悲願の「国交断絶・在日追放」が実現した形だ。また、「反日日本人」も政治犯認定により一挙に駆逐できよう。 では、いよいよドンパチを始 ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! さて、以上の措置は依然として三つの未解決の問題を孕んでいる。 第一に、帰化人の扱いである。コリア系日本人ともいうが、13年度の累計で約35万人だ。彼らは当然ながら日本人として扱われるべき ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 以上、在日コリアンは平時においてすでに「外国人テロ集団」である。本来なら外患誘致罪・外患援助罪で逮捕され、強制退去が適用されて「当然」なのだ。 さて、平時においてすでにテロリストである在 ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 世界中どこを見回しても在日コリアンほど悪質極まりない外国人集団はいない。だが、それでも「問答無用」とか「気に食わない」では理由にならない。このような措置を遂行するには、そうせざるをえない ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! だが、ドンパチの前にやるべきことがある(第一、戦争状態に入ったからといって、必ずしも派手にドンパチをやらねばならない決まりがあるわけではない)。 日本が真っ先に行うべきは「人道上の提案」 ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 第一に、相手の不法行為に対しての徹底した非難外交から始めなくてはならない。これは「殺韓アクションプラン」の「第三弾」に当たる。 国際社会ではこちらの正当性や相手の不法性は、大声で訴えない ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 前述のように、日本にとって「竹島侵略問題」とは、自衛権を発動できる「開戦事由」であり、国際法上も賠償等の請求権が生きる問題である。しかも、日本は「侵略に対する抵抗の権利としての武力行使」 ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! どうせ韓国人は、竹島侵略問題について、謝罪も賠償も拒否するだろう。それどころか必ず発狂して、ありたっけの罵声で日本を誹謗中傷してくるに違いない。韓国人というのはそういう民族だ。だから、日 ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 素朴な疑問だが、韓国を助けるために、なんでわれわれ日本人がこんな目に合わなければならないのだろうか。 だいたい、韓国は友好国でもなければ、条約上の同盟国でもない。それどころか、日本に対し ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 有事対韓三原則は、韓国を弱体化させるという目的以上に、何よりも日本人の生命と財産と国益を守るためにも絶対に不可欠な措置だと言える。むしろ、今まで原則化・明文化されなかったことが異常であり ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 中立を堅持する 難民は一人たりとも受け入れない 戦後復興には一切関わらない 以上の「有事対韓三原則」が断固たる政治的決意を必要とする訳は、とりわけ「米軍の対韓支援には一切協力しない。その ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! さて、「非韓三原則」(=古田ドクトリン)は、いわば平時の原則である。 だが、有事の際、現状では周辺事態法と集団的自衛権などが自動的に発動し、日本は朝鮮半島で戦う米軍を全力で支えねばならな ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 後編です。 〈韓国が良い方向に変化する見込みはない〉 換言するなら、韓国人が「真人間」になり、韓国が「正常な国家」になることが、日韓関係を本質的に改善する唯一の道である。 しかしながら、 ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! だから、中国が事実上、朝鮮半島を支配してしまう事態に対して、われわれは過敏に反応する必要はない。「次は対馬海峡を跨いで本土にやって来る」など杞憂だ。 むしろ、戒めるべきは「古い戦略」に固 ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! これまで日本人は、韓国について、非常に大きな錯覚をしてきたといえよう。 朝鮮半島はランドパワーとシーパワーの接点にあり、しかも桟橋のように大陸から突き出ているため、両勢力から緩衝地帯と見 ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! 危険物であり、害毒であり、寄生虫でもある韓国をどうやって排除するか? やはり、なるべくなら、次の二つの条件をクリアする方法を用いたいものである。 第一に、戦争は「あくまで最後の手段」と位 ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! このように、私は「中国による韓国の吸収」を断固支持する。 しかも、前述のように、さらに一歩進めて、事態を自然の成り行きに任せずに、確実にトドメを刺しにかかるべきだと考える。 韓国が中国に ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! さて、いささか長くなったが、以上のように、朝鮮半島の吸収によって将来的に中国の脅威が増大するとしても、過度に恐れる必要はない。 むしろ、韓国を「一地方」「一自治区」に格下げし、外交に口を ...