スポンサーリンク

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! だから、中国が事実上、朝鮮半島を支配してしまう事態に対して、われわれは過敏に反応する必要はない。「次は対馬海峡を跨いで本土にやって来る」など杞憂だ。 むしろ、戒めるべきは「古い戦略」に固 ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! これまで日本人は、韓国について、非常に大きな錯覚をしてきたといえよう。 朝鮮半島はランドパワーとシーパワーの接点にあり、しかも桟橋のように大陸から突き出ているため、両勢力から緩衝地帯と見 ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! では、その安定した「三つ巴」構造はなぜ壊れてしまったのか? 朝鮮を独立させようとして、日本が自分から壊してしまったのである。 1894年2月、朝鮮南部で大規模な農民一揆が発生する。反乱軍 ...

誅韓論

第5章 中韓一体化の流れが始まった! 黒幕中国の深慮遠謀とは!? 現在、中国は北朝鮮に対して莫大な経済援助を実施している。中央・地方政府・軍部がそれぞれ食糧や燃料そして現金まで援助しているという。数年前、中国共産党のエリートがその額を明らか ...

誅韓論

第5章 中韓一体化の流れが始まった! 黒幕中国の深慮遠謀とは!? おそらく、真っ先に狙われるのは北朝鮮のはずだ。今や同国はいろいろな面で中国人にとって垂涎の的と言ってよい。 まず鉱物資源が豊富だ。石炭や鉄鉱石だけでなく、レアアースの埋蔵量も ...

誅韓論

第4章 韓国「防波堤神話」の大崩壊! これまでの常識は大間違いだ! 以上で三つの事例を挙げた。ここから近代に入ろう。 韓国を「バッファー」と明確に位置づけたのは、他ならぬロシアの南下を見据えた明治日本だ。ロシアはすでに1860年の時点で清か ...

誅韓論

第4章 韓国「防波堤神話」の大崩壊! これまでの常識は大間違いだ! では、従来、日本がわざわざ身を呈してまで韓国を助けるべきだとされた「理由」とはいったい何だろうか。換言すれば「韓国の戦略的価値」とは何だろうか。 典型的なのが、「韓国は○○ ...