スポンサーリンク

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! このように北朝鮮が内戦に勝利したとしても必ずしも悲観する必要はない。しょせんは朝鮮半島というフレーム内の主導権争いにすぎない。 中国は在韓米軍の撤退後、必ずや朝鮮半島への民族大移動を開始 ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 第一に、相手の不法行為に対しての徹底した非難外交から始めなくてはならない。これは「殺韓アクションプラン」の「第三弾」に当たる。 国際社会ではこちらの正当性や相手の不法性は、大声で訴えない ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! さて、最後は「殺韓アクションプラン」の第四弾である。 ズバリ「戦争」だ。 外交や政治の延長である以上、当然、最終オプションとしての「戦争」も想定しておかねばならない。ただし、それは「あく ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! さて、以上は「平時・有事を問わず韓国を一切助けない」という方針だ。いわば「対韓不干渉政策」である。特に安全保障面での連携・協力関係を断ち切る点は画期的だ。 これだけでもある程度、韓国を弱 ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! さて、「非韓三原則」(=古田ドクトリン)は、いわば平時の原則である。 だが、有事の際、現状では周辺事態法と集団的自衛権などが自動的に発動し、日本は朝鮮半島で戦う米軍を全力で支えねばならな ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 以下から、韓国を弱体化させ、中国への吸収のスピードを速めるための、あらゆる手段の発掘と提案をしていきたい。 さて、「殺韓アクションプラン」の第一弾が、この「二度と助けない決意」である。 ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! さて、いよいよ最終章だ。 前章で「殺韓の戦略」として、「中国のほうへ追いやれ。できるだけ早く中国に取り込ませろ。そのためにはあらゆる手段を尽くして韓国を弱体化させろ」と述べた。 この、韓 ...