スポンサーリンク

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! では、その安定した「三つ巴」構造はなぜ壊れてしまったのか? 朝鮮を独立させようとして、日本が自分から壊してしまったのである。 1894年2月、朝鮮南部で大規模な農民一揆が発生する。反乱軍 ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! さて、「中韓の一体化が進み、やがては朝鮮半島全体が中国の地方と化していく」事態に対する「二つ目」の疑問。 それは、「韓国が中国に吸収されていく事態を放置すべきでない。中国を一方的に利し、 ...