スポンサーリンク

反日詐欲, 在日

スーパーマンやバットマンが「リターン」したのと同じように、どうやら小林よしのり氏もリターンしたようだ。 まさに「小林よしのり・リターンズ」である。 彼は「WiLL」の11月号で、またタブーを恐れない漫画を描いた。 それが慰安婦問題を風刺する ...

反日詐欲, 在日

巨悪NHKシリーズの第三弾。 過去の二つは以下。 なぜNHKは異常な「韓国狂い」なのだろうか。 毎日のように親韓宣伝をやる理由の一つは、在日韓国人の職員が多いことだろう。 すでにかなりの「上役」にまで浸透していると思われる。 この「有言無言 ...

反日詐欲

NHKの「韓国狂い」は誰の目にも明らかになってきた。 局を挙げて「韓国に親しみを持たせる工作」をやっている。 たとえば、韓国とは何の関連のない番組でも、いきなり、何の脈絡もなく、韓国ネタや韓国人をぶっこんで来る。 日本国民が韓国に対して「親 ...

エッセイ, 在日

韓国に関する真実を発信する有名なブログ「みずきの女子知韓宣言」は、2019年7月21日をもって更新が止まったままだ。 ツイッターも同じく更新停止中。 プツリと連絡が途絶えた状態だからいわゆる「失踪」である。 何らかの事件に巻き込まれたのでは ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! さて、以上の措置は依然として三つの未解決の問題を孕んでいる。 第一に、帰化人の扱いである。コリア系日本人ともいうが、13年度の累計で約35万人だ。彼らは当然ながら日本人として扱われるべき ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 世界中どこを見回しても在日コリアンほど悪質極まりない外国人集団はいない。だが、それでも「問答無用」とか「気に食わない」では理由にならない。このような措置を遂行するには、そうせざるをえない ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 前述のように、日本にとって「竹島侵略問題」とは、自衛権を発動できる「開戦事由」であり、国際法上も賠償等の請求権が生きる問題である。しかも、日本は「侵略に対する抵抗の権利としての武力行使」 ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 後編です。 〈韓国が良い方向に変化する見込みはない〉 換言するなら、韓国人が「真人間」になり、韓国が「正常な国家」になることが、日韓関係を本質的に改善する唯一の道である。 しかしながら、 ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! さて、いよいよ最終章だ。 前章で「殺韓の戦略」として、「中国のほうへ追いやれ。できるだけ早く中国に取り込ませろ。そのためにはあらゆる手段を尽くして韓国を弱体化させろ」と述べた。 この、韓 ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! 危険物であり、害毒であり、寄生虫でもある韓国をどうやって排除するか? やはり、なるべくなら、次の二つの条件をクリアする方法を用いたいものである。 第一に、戦争は「あくまで最後の手段」と位 ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! さて、いささか長くなったが、以上のように、朝鮮半島の吸収によって将来的に中国の脅威が増大するとしても、過度に恐れる必要はない。 むしろ、韓国を「一地方」「一自治区」に格下げし、外交に口を ...

誅韓論

第4章 韓国「防波堤神話」の大崩壊! これまでの常識は大間違いだ! 韓国の民主国家としての最大の欠陥は、国家権力による「思想統制」だ。よって、結局はその思想の許す範囲でしか政治が行われていない。 だから、「韓国は選挙によって政治家が選ばれる ...

誅韓論

第4章 韓国「防波堤神話」の大崩壊! これまでの常識は大間違いだ! では、従来、日本がわざわざ身を呈してまで韓国を助けるべきだとされた「理由」とはいったい何だろうか。換言すれば「韓国の戦略的価値」とは何だろうか。 典型的なのが、「韓国は○○ ...

誅韓論

第4章 韓国「防波堤神話」の大崩壊! これまでの常識は大間違いだ! いよいよ白眉の第四章です。 これまで見てきたように、在韓米軍の撤退により、韓国は日本を仮想敵とした中韓同盟の締結に行き着く可能性が高い。すでに両国は外交・歴史問題などで共闘 ...

誅韓論

第3章 韓国の企む日米関係の破壊・中国の使嗾・対日核攻撃! さて、今まで見てきたように、このような狂った精神性を持つ民族が、「虎の威を借る狐」さながらに中国の後ろ盾を得て、さらに核兵器を保有したとすれば、どんな行動に出るだろうか。 今まで散 ...

誅韓論

第3章 韓国の企む日米関係の破壊・中国の使嗾・対日核攻撃! ある特定の民族を核兵器で虐殺することを正当化し、それをフィクションにして公然と楽しみ、なおかつそのことに関して何ら批判の起こらない世界で唯一の国。 それが韓国である。むろん「特定の ...

誅韓論

第3章 韓国の企む日米関係の破壊・中国の使嗾・対日核攻撃! しかも、ここへ加わってくるのが韓国の「核保有」という現実だ。 おそらく、韓国は統一に際し、できるだけ国際支援を受け取るため「朝鮮半島の非核化」を公約するはずだ。そして必ず裏切るだろ ...

誅韓論

第3章 韓国の企む日米関係の破壊・中国の使嗾・対日核攻撃! 日本にとって真の脅威は、中韓同盟が正式に発効し、韓国主導の南北統一が実現した後にやって来る。おそらく、北の狼と対峙する必要がなくなった韓国は、それこそ全軍事力の矛先を日本に向け、国 ...

誅韓論

第3章 韓国の企む日米関係の破壊・中国の使嗾・対日核攻撃! 韓国の属国根性丸出しの“新羅外交”は、あながち馬鹿にできない。 というのも、属国は属国なりに、仕える相手を間違えると滅びかねないわけで、「大国の実力を見極める眼力」を発達させる必要 ...

誅韓論

第3章 韓国の企む日米関係の破壊・中国の使嗾・対日核攻撃! さて、この「日本は用済み」という韓国人の感覚は、実際にはもっと恐ろしい未来を暗示している。なぜなら、「それゆえに日本を始末しても構わない」とか「潰してしまうべきだ」と思考するのが“ ...