スポンサーリンク

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 前述のように、日本にとって「竹島侵略問題」とは、自衛権を発動できる「開戦事由」であり、国際法上も賠償等の請求権が生きる問題である。しかも、日本は「侵略に対する抵抗の権利としての武力行使」 ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! さて、最後は「殺韓アクションプラン」の第四弾である。 ズバリ「戦争」だ。 外交や政治の延長である以上、当然、最終オプションとしての「戦争」も想定しておかねばならない。ただし、それは「あく ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 韓国企業に対して、日本製の核心部品・素材・製造装置などの供給を断つ制裁措置は、韓国の五大輸出産業(電気・電子機器、自動車、鉄鋼、石油化学、造船)すべてに適用すればいい。同情の余地などない ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! どうせ韓国人は、竹島侵略問題について、謝罪も賠償も拒否するだろう。それどころか必ず発狂して、ありたっけの罵声で日本を誹謗中傷してくるに違いない。韓国人というのはそういう民族だ。だから、日 ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! さて、以上は「平時・有事を問わず韓国を一切助けない」という方針だ。いわば「対韓不干渉政策」である。特に安全保障面での連携・協力関係を断ち切る点は画期的だ。 これだけでもある程度、韓国を弱 ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 素朴な疑問だが、韓国を助けるために、なんでわれわれ日本人がこんな目に合わなければならないのだろうか。 だいたい、韓国は友好国でもなければ、条約上の同盟国でもない。それどころか、日本に対し ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 有事対韓三原則は、韓国を弱体化させるという目的以上に、何よりも日本人の生命と財産と国益を守るためにも絶対に不可欠な措置だと言える。むしろ、今まで原則化・明文化されなかったことが異常であり ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 中立を堅持する 難民は一人たりとも受け入れない 戦後復興には一切関わらない 以上の「有事対韓三原則」が断固たる政治的決意を必要とする訳は、とりわけ「米軍の対韓支援には一切協力しない。その ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! さて、「非韓三原則」(=古田ドクトリン)は、いわば平時の原則である。 だが、有事の際、現状では周辺事態法と集団的自衛権などが自動的に発動し、日本は朝鮮半島で戦う米軍を全力で支えねばならな ...

誅韓論

第7章 これが日本を守る「誅韓アクションプラン」だ! 以下から、韓国を弱体化させ、中国への吸収のスピードを速めるための、あらゆる手段の発掘と提案をしていきたい。 さて、「殺韓アクションプラン」の第一弾が、この「二度と助けない決意」である。 ...