スポンサーリンク

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! これまで日本人は、韓国について、非常に大きな錯覚をしてきたといえよう。 朝鮮半島はランドパワーとシーパワーの接点にあり、しかも桟橋のように大陸から突き出ているため、両勢力から緩衝地帯と見 ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! 危険物であり、害毒であり、寄生虫でもある韓国をどうやって排除するか? やはり、なるべくなら、次の二つの条件をクリアする方法を用いたいものである。 第一に、戦争は「あくまで最後の手段」と位 ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! このように、私は「中国による韓国の吸収」を断固支持する。 しかも、前述のように、さらに一歩進めて、事態を自然の成り行きに任せずに、確実にトドメを刺しにかかるべきだと考える。 韓国が中国に ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! さて、いささか長くなったが、以上のように、朝鮮半島の吸収によって将来的に中国の脅威が増大するとしても、過度に恐れる必要はない。 むしろ、韓国を「一地方」「一自治区」に格下げし、外交に口を ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! ただし、極東の現状は、米(含む日韓)・中・露の「三つ巴」であることを忘れてはならない。この構造では一位は超大国アメリカである。だから、日本がアメリカの軍事的保護下にある限り、中露が結託し ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! もっとも、日・中・露の「三つ巴」になった際、日本人が心配するのは、「中露が共同して向かってくるのではないか」ということである。 しかし、相手もまた同じ恐れを抱くことを忘れてはならない。 ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! では、なぜそのような「三国鼎立状態」により地域が安定するのだろうか。史実だけでなく、理論として理解しておくことも重要である。 第一に、二国間で戦争した場合、必然的に残る一カ国に漁夫の利を ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! では、その安定した「三つ巴」構造はなぜ壊れてしまったのか? 朝鮮を独立させようとして、日本が自分から壊してしまったのである。 1894年2月、朝鮮南部で大規模な農民一揆が発生する。反乱軍 ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! さて、「中韓の一体化が進み、やがては朝鮮半島全体が中国の地方と化していく」事態に対する「二つ目」の疑問。 それは、「韓国が中国に吸収されていく事態を放置すべきでない。中国を一方的に利し、 ...

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略! これまで述べてきたように、放っておけば、いずれ北朝鮮は崩壊し、中韓の一体化が進み、やがては朝鮮半島全体が中国の地方と化していく。 最終的には政治的な独立さえ意味がなくなり、主権国家から自 ...