スポンサーリンク

狂気のテロ国家韓国への対策が急務だ【韓国崩壊「誅韓論」はじめに】

誅韓論

今や大勢の日本人が気づき始めた。韓国という国は「反日」を国教とする「カルト教団」であり、韓国国民とはそれを信仰する「狂信者の集団」ではないのか、と。

諸悪の根源が国策反日、中でも教育システムにあることは論を待たない。韓国人は幼少の頃より公教育によって日本に対する憎悪と偏見を植え付けられる。しかも、彼らが「正しい歴史認識」として教わる内容は、大半が事実の誇張か捏造の塊だ。

もとは戦後の軍事政権が政治的な都合からでっち上げた神話にすぎない。彼らは己の政治的正当性のために日本の「悪魔化」を必要とした。問題はこのような反日洗脳教育が強化されこそすれ修正されることはなかった点だ。

その結果、韓国人は、自分たちがついた嘘を根拠にして隣人を異常なほど憎み蔑むという、世にも奇怪な民族になってしまった。

韓国は人間性に反するこのような「狂育」を未だに続けている。恐るべきことに真実を知る世代は死に絶えつつあり、反日洗脳教育で純粋培養された世代だけがあとに残されようとしている。

韓国の反日風土が是正される見込みは少ない。なぜなら、過ちを指摘する非常に勇気ある韓国人たちは、権力によって常に弾圧され、徹底的に社会から排除されるからだ。よって、反日原理主義の狂気は高まる一方だ。

そしてついに「朴クネ」という、反日マインドコントロール世代の大統領までが誕生した。われわれは今、彼女を先頭にして、韓国という反日カルト教団が暴走を始めた光景を目の当たりにしている。

彼らはすでにストーカー殺人事件の加害者そっくりの異常心理に取り付かれている。この種の犯罪者に共通する特徴として、対象への憎悪と被害妄想を日々エスカレートさせ、近隣や関係者に対して誹謗中傷のビラを撒くなどの挙動が上げられる。そして、あらゆる嫌がらせを行った末、最後には刃物をもって相手を殺しに行くのだ。

最後の項目以外はすべて現在の韓国に当てはまることから、この国を個人に例えるなら「己の被害妄想を根拠にして隣人に殺意を抱き、ハラスメントやストーキングを繰り返す犯罪者」と定義することができよう。

つまり、一般社会ならとうに逮捕収監されているのが韓民族である。そして「殺す」以外の行為は「既遂」であるから、当然ながら、いずれわれわれを殺しに掛かってくるもの、と予想しないわけにはいかない。

昨今の「嫌韓本」「嫌韓記事」ブームや、ネットでの嫌韓情報の氾濫により、こういった韓国の危険性・異常性が広く知れ渡るようになったのは好ましいことだ。

だが、真の問題は、むしろこのような現実に直面した今、「ではどうすればよいのか?」ということではないだろうか。一般社会なら警察がいる。しかし、国際社会には警察はいない。狂気のストーカーに対しても、自力で対処しなければならないのだ。

事はもはや「離韓」「放韓」ではすまなくなってきた。こちらが無視し、関わらないようにしても、相手のほうから執拗にテロを仕掛けてくる。彼らは日本を滅ぼすまで、あるいは最低でも嘲笑の対象にできる惨めな国に落ちぶれるまで、テロを諦めないだろう。

つまり、日本人が平和に、穏やかに暮らすことを執拗に妨害し、幸福を追求する権利を否定し、日本の生存そのものを許さないとする国――それが大韓民国なのである。

よって、今もっとも希求されているのは、異常な悪意・犯意をもつ隣人からいかにしてわが国を、そしてわれわれの子供たちの身を守るか、という考察であり対策ではないか。

まさにそれに応えるべく書かれたのが本書である。

平和な暮らしや経済的繁栄は、しょせん安全保障の枠内で達成されるものでしかない。つまり、「安全保障を失えばすべてを失う」のが偽らざる現実だ。それゆえ同政策は各国において「ハイポリティクス」に位置づけられ、最高の頭脳を登用して最優先で取り組むべき事項とされている。

ついに韓国をその対象にする時が来たのである。

韓国崩壊「誅韓論」目次 http://korea-collapse.com/page-94

◆日々エスカレートする韓国による反日工作と、それに対抗手段をとらない日本政府。日本人はこのまま我慢を強いられ続けるのか?2015年以降の東アジアをシミュレーションした結果、本書では「日本人の態度次第で、韓国は数年以内に潰せる」との結論に至った。否めないとされてきた韓国の戦略的重要性の否定、在韓米軍撤退から中国による吸収へ向かう半島情勢と、その時日本がとるべき選択…。世界最大の反日国家を、合法的かつ最小労力で沈黙させる方法がここにある!

(以下、当サイトで順次公開していきます!)

スポンサーリンク