スポンサーリンク

「みずきの女子知韓宣言」の管理人はコリア勢力の標的になった!?

エッセイ, 在日

韓国に関する真実を発信する有名なブログ「みずきの女子知韓宣言」は、2019年7月21日をもって更新が止まったままだ。

ツイッターも同じく。

プツリと連絡が途絶えた状態だからいわゆる「失踪」である。

何らかの事件に巻き込まれたのではないか、と心配する人が耐えない。

長期旅行による休載だとしても、普通は何かのメッセージを伝えるものだし、これまでの管理人からして事前に告知するはずだ。

すると、残る可能性は、

  • いきなりの「逮捕→長期拘留」か、
  • 身体が動かせず、意識も正常ではない状態の急病か、
  • もしくは「何らかの事件に巻き込まれた」か、

この三つしかないと思われる。

仮に事件だとすれば、「みずきの女子知韓宣言」閉鎖により誰が一番得をするか、という点を考えなければならない。

最大の受益者は「コリア勢力」であることは論を待たない。

なにしろ同ブログほど韓国の本性を明らかにしてきたものはない。

実は私が気になっていた点がある。

それは管理人が自分の住所を特定されかねない記事を出していたことだ。

みずき@被災中からのお知らせ 2018年09月05日14:41

これは、昨年夏に関西地方を襲った台風で、管理人の住まいが「停電&断水」したというもの。私は「これはヤバくないか」と嫌な予感がした。

実は、当時、停電&断水して、しかも復旧が遅れたのは、大阪のごく限られたエリアだったのである。

しかも、上の投稿には、自宅近くにネットカフェがあると記している。

管理人はたぶん3、40代の女性で、マンション住まい。

昨年のこの投稿で場所を特定された可能性も考えられる。

これだけの情報があれば、探偵を雇えば、みずき氏本人を特定することは、時間をかければ決して不可能ではないはずだ。

ネットカフェに従業員として潜り込めば、当時の利用者記録にもアクセスできよう。

コリア勢力は、パチンコという悪質ギャンブルで市民から金を巻き上げているため、金だけは持っている。その金で、政治家や知識人を取り込んでいる。

しかも、コリア勢力は暴力団などの闇社会も含む反日社会集団である。

みずき氏を拉致して消すくらいのことは平気でやる。

なにしろ拉致が得意なテロ犯罪者集団である。

失踪の数日前には、N○Kの在日職員の手伝いで京都アニメーションが無残に放火され、日本大使館に対しても大量のガソリン積載車による突入テロが行われた。

「みずきの女子知韓宣言」管理人の失踪も時期が重なる。

逆恨みするコリア勢力から彼女が卑劣な攻撃を受けた可能性は十分に考えられよう。

スポンサーリンク