スポンサーリンク

韓国を排除するなら実戦を避けて楽をすべし【韓国崩壊6の9】

誅韓論

第6章 見えてきた日本の選択! 極東の原状回復戦略!

危険物であり、害毒であり、寄生虫でもある韓国をどうやって排除するか?

やはり、なるべくなら、次の二つの条件をクリアする方法を用いたいものである。

第一に、戦争は「あくまで最後の手段」と位置づける。仮に相手から先制攻撃してきたなら徹底的に反撃すべきだが、そうでない限り戦争は避けるべきだ。

韓国がいかに安全保障上の脅威であり、自衛のために滅ぼすのが正しいとしても、大多数の日本人は、報復以外では開戦を望まず、先制攻撃も是としない。つまり、戦争はやむをえない場合の最終オプションというのが、国民感情的にも正しい。

ちなみに、韓国では日本による再侵略を題材にしたフィクションがやたらと多い。わざわざ連中の妄想をなぞるような真似をすべきではない。こちらから挑発して相手に先制攻撃させる分にはまだ作戦として成り立つが、相手の挑発に乗せられてこちらから先制攻撃するなど、もっての外である。罠に嵌ったも同じで、愚か者のやることだ。

そもそも、こんな連中相手に、われわれの血を流すまでもない。そんなもったいないことをしてはならない。尊い命はもっと強い敵との戦いにとっておくべきだ。

第二に、できるだけ楽をしようではないか。そのためには、まず激情に駆られてはいけない。蔑む敵であればこそ、冷静かつスマートに始末すべきだ。日本人の欠点は馬鹿正直な点だ。そのせいで対韓国では常に損ばかりしてきた。従来のやり方は見直そう。

なにしろ、相手は己の見栄と欲望のためならどんな汚い手でも平気で使う外道の国である。平気で嘘をつき、国際社会を騙し、他者を冤罪に陥れることも厭わない、卑劣を絵に描いたような民族だ。倫理や道徳面で制約を受けない狂信者の集団である。

そんなゲスを相手に正々堂々と戦う必要などない。そんなことをすれば、かえって先人の名誉を損なう。

いかに楽をして、最小限の行為で最大のダメージを与えるか。いかに己の手を汚さず、他者をうまく利用するか。韓国相手にはそれで十分だ。

そして、卑怯・姑息・狡猾な韓国式のやり方をできるだけ用いることも是とすべきだ。

以上の、第一と第二の条件をクリアする方法こそ「上策」であることは論を待たない。

ただ、実戦以前の段階でケリをつけねばならないからこそ、逆に難しいと言える。物事を俯瞰しつつ、戦略段階で智謀の限りを尽くさねばならない。

もちろん、実戦はタブーでも、手法自体は大いに参考になる。

古来、名将はできるだけ多くの情報を収集して相手の弱点を見極めると共に、地勢を利用して兵を布陣し、周囲の環境に適応する形で戦(いくさ)を進めた。

実戦でなくとも同じではないか。戦いにあっては、己と相手の関係だけに囚われず、時間や空間も含めた森羅万象を見極め、最大限、利用しなければならない。

つまり、相手の弱点を利用し、第三国を利用し、状況を利用し、地政学を利用し、時代の流れをも利用する。そうして初めて「楽をして勝つ」ことが可能になる。

要は、インテリジェンスを総動員し、利用できるものは何でも利用するべきだ。

というわけで、本書としては、実戦を伴うことなく、できるだけ楽をして韓国を排除する方法を提案していきたい。

韓国崩壊「誅韓論」目次http://korea-collapse.com/page-94

スポンサーリンク