スポンサーリンク

チマチョゴリ切り裂き事件が朝鮮総連の自作自演とバレた件

反日詐欲, 在日

当時の自作自演を報じるニュース。自称被害者の母親が登場して、自分の子供を利用する。この連中のいつもの卑劣な手口だ。

最近、やっぱりそうか、という記事があった。

櫻井よし子氏がこんな記事を書いた。

「元「朝日」記者が暴露した“捏造記事”のつくり方 平気でウソを撒き散らす「エセ言論人」の実態」

彼女は、朝日新聞社OB長谷川熙・永栄潔による朝日新聞批判の共著『こんな朝日新聞に誰がした?』(WAC)をすすめている。

その永栄氏の体験談という形で次の驚くべき事実を載せている。

日朝間で問題が起きると、朝鮮学校の女生徒の制服、チマチョゴリが切り裂かれる事件が続いたことがある。そのとき永栄氏の知人がこう語った。

「自分の娘を使っての自作自演なんです。娘の親は(朝鮮)総連(在日本朝鮮人総連合会)で私の隣にいた男です。北で何かあると、その男の娘らの服が切られる。『朝日』にしか載らないが、書いている記者も私は知っている」

総連関係者の同人物は、この男に、娘さんがかわいそうだと忠告し、自作自演の犯行はもうやめると約束させた。そこで男に会って取材しないかと、永栄氏に持ちかけたのだ。

なんと、あの「チマチョゴリ切り裂き事件」なるものは、朝鮮総連の人物が自分の娘を利用した自作自演だったという真相が明かされているのだ。

チマチョゴリ切り裂き事件を追っていたジャーナリストが殺されていた

まあ、みんな、直感的に分かっていたことだが。

以前、この事件を追った在日コリアンのジャーナリストが変死している。

故・金武義(きむ・むい)氏が、この事件に関して、マスコミは独自取材をせず、朝鮮総連の発表をそのまま報道したものだと、『宝島30』(1994年12月号掲載)誌上で発表した。

金氏は、チマチョゴリ切り裂き事件を追って、朝鮮学校関係者を取材したんですね。

そしたら、翌年の夏、自宅アパートで死んでいるところ発見された。

当時、34歳の若さです。薬物中毒が原因であるとされた。

取材ノートが紛失していて、家族や友人らも死について不審だったそうですから、これはおそらく朝鮮総連による暗殺でしょう。

この朝鮮総連は犯罪・テロ組織である事実はよく知られていて、スパイ・破壊工作員・テロリストだらけです。

真相を喋った金氏は、無理やり薬を打たれて急性中毒死させられたんでしょう。

パヨク、ついに「頭パー欲」へと退化かw

こうやって、朝鮮人は自作自演ばかりしているので、同じ様に日本人もやっているに違いないと思うわけですね。

あの日帝暗黒時代とか、植民地時代の搾取とか、慰安婦強制連行殺害とか、要するに、「自分たちならこうする」という常識を、日本に当てはめているだけです。

まさに、あの連中の叫んでいる「悪の日本」こそ、韓国朝鮮人の自画像です。

こういう馬鹿だから、「安倍が北朝鮮にミサイルを撃たせている」とかいう、狂気の謎思考を平気でする。自分たちが自作自演をするから、安倍もそうに違いない、と。

で、そうやって安倍政権のせいにしながら、一方で「安倍政権が北朝鮮の弾道ミサイルを撃ち落したら戦争になるぞおー」などと発狂している。

はあ? アホですかあ? 頭大丈夫ですかあ?(実際おかしいのだろうが)

自分が言っていることが矛盾していることにすら気づかない。

安倍と北朝鮮が裏で通じ合ってミサイル危機を自作自演しているなら、別に安倍政権がミサイルを撃ちとおしても同じ様に自作自演なんだから、問題ないはず。

完全に頭おかしい。

まさに、パヨクならぬ、「頭パー欲」です。