スポンサーリンク

韓国の「対日六大因縁」の外道ぶり【韓国崩壊1の14】日本海呼称・歴史教科書編

誅韓論

第1章 韓国は対日非正規戦を始めているテロ国家だ!

「六大因縁」のうち、前回は竹島・慰安婦・靖国神社の件。今回は以下。

〈日本海呼称問題〉

これに関しては同題名の外務省のサイトを見ていただくのが一番手っ取り早いだろう。韓国側の主張は「昔から『東海』の呼称が一般的だった」と「日本は帝国主義化と植民地支配の過程でそれを無理やり『日本海』に変えた」の二点に集約される。しかも、92年になって突如として言い始めたものだ。ところが、この主張はまったくの事実無根だ。

外務省の学術調査によると、端的にいえば19世紀以前に発行された数千枚におよぶ古地図のうち何らかの海名の記載のあるものは2782枚であり、そのうち二千枚弱が日本海と記している。その他の名称の中では471枚の「朝鮮海」がもっとも多い。韓国側のいう「東海」と記された古地図は、驚くことにたったの二十枚程度なのだ。

対して、韓国政府はこの五分の一程度の量しか調査しておらず、しかも何を考えているのか、その過半数を「東海」であると主張している。明らかに、韓国政府は真実を知りながら意図的に嘘をついている。

韓国メディアや学者も追調査せず、その嘘を鵜呑みにしている。

恥ずべきことに、韓国人は官民一体となって国際機関や米州議会などへロビー活動を行い、まったくの虚偽とも知らず(?)国際社会に対して触れて回っている。

結論は「日本海という名称は19世紀初頭から欧米で定着した」とする日本側の主張が正しい。おそらく、「日本海という名前が気に食わない」のと「南北が和解するために共闘できる分野が欲しい」という二つの動機から、韓国側が問題化したものと推測される。

日本側の調査はフェアにも18世紀以前ならば「朝鮮海」のほうが多い事実を明らかにしている。よって「日本が無理やり変えた」などと嘘をつかずに、最初からこのデータを元に朝鮮海併記の権利を主張していれば、まだ検討に値すると見なされた。だが、浅はかも「東海」を持ち出したことで、韓国は自らその機会を奪ってしまったのである。

〈歴史教科書問題ないしは歴史(認識)問題〉

韓国の国定歴史教科書における近現代史の、どこかどんなふうに歪曲であり捏造であるかを具体的に指摘するためには一冊の本を要する。結論を言うと、韓国政府は己の都合のいいように歴史を書き換え、厚顔無恥にもそれを「正しい歴史認識」などと称している。

その書き換えの手口を簡単に暴こう。

第一に「都合の悪い事実は黙殺する」ことだ。たとえば、日清戦争後の下関条約第一条によって自分たちが初めて清の支配から解放されて独立を得たことや、朝鮮側から併合を打診した事実などだ。

第二に「ありもしない話をでっち上げる」ことだ。たとえば、独立軍が青山理戦闘で日本軍に大勝したとか、大戦勃発と同時に日本に宣戦布告したなどだ。

第三に「事実を曲解する、場合によっては逆さまに書き換える」ことだ。たとえば、土地調査事業で「土地を奪った」とか、公教育でハングルを禁止したとか、米の輸出を「収奪」などと表現することだ。

戦後の軍事政権はこの三つの方法を駆使して、己に都合のよい近現代史をでっち上げた。とりわけ、独裁者李承晩自国民の大量虐殺をやり、恐怖政治を敷いたので、己の治世よりも日本時代が暗黒社会でなければ、政治的に辻褄が合わなくなってしまった。

こうして戦後、韓国政府は、日本を「朝鮮人を虐殺して収奪しまくった絶対悪」に仕立て上げ、「対してわが民族は不屈の闘志で独立戦争を戦い抜き、最後には国を取り戻した」という架空の神話を創作し、それを「正史」と定めた。

彼らは政治的な理由から、被害を極端に誇張してまで日本への憎しみと復讐心を子供たちに植え続けた。その内容はほとんどデマの類いなので、これほど悪質な教育(というよりカルト)も他にあるまい。

韓国人が「歴史の真実」とか「正しい歴史認識」などと呼ぶのは、この「偽の記憶」のことだ。彼らの気持ち悪さは、その嘘の塊である歴史認識の「共有」を迫ることだ。それを拒むと、「正しい歴史を直視しない」などと非難憤慨する。

要は、彼らが「歴史問題」だの「歴史認識問題」だのと喚くものは、日本側が韓国の主張に沿わない・丸呑みにしないことが問題だ、許せない、気に食わない、という勝手な話なのだ。「歴史教科書問題」も基本的には同じであり、内容が韓国のそれと一致しないのが問題だと叫んでいるのだ。

ちなみに、彼らは竹島・慰安婦・靖国参拝・日本海呼称などの事案も「歴史問題」に含めることがあるが、本質は同じことで、これらにおける「歴史的真実」を日本側が直視しない、だから問題が引き起こされたのだと、そう日本を責めているのだ。

韓国崩壊「誅韓論」目次http://korea-collapse.com/page-94

スポンサーリンク