スポンサーリンク

韓国の「対日六大因縁」の外道ぶり【韓国崩壊1の13】竹島・慰安婦・靖国神社編

誅韓論

第1章 韓国は対日非正規戦を始めているテロ国家だ!

韓国側は現在、「独島、従軍慰安婦、靖国参拝、東海呼称などの問題が韓日間には存在する」とし、両国が「歩み寄る・和解する」ためには、「日本側が誠意をもってこれらの問題を解決しなければならない」などと主張している。

なんでも、日本側が解決に消極的な姿勢こそが「首脳会談の障害」であり、「韓日関係が冷え込んだ原因」であって、両者の関係を壊したくなければ“歴史を直視”して日本側が努力しろ、ということらしい。

このような主張を一国の公式見解として恥じない点に、いかに韓国人が真の友好など望まず、利己的欲求にしか関心を持たない厚顔無恥な民族であるかがよく表れている。

そもそも「日韓にこれらの問題がある」という表現自体が極めて不適切だ。「韓国側が言いがかりをつけて無理やり問題に仕立て上げた」という表現が事実として正しい。

つまり、すべてはこのチンピラ民族による「一方的な因縁」に他ならない。ここで韓国側の嘘を詳細に暴くことは趣旨ではないので、以下、簡潔に紹介する。

〈竹島問題〉

この問題については前述した。

本質は「韓国が日本の領土を侵略し、日本人を虐殺した」という点にある。日本側が一方的に被害者といえる事件だ。

日韓基本条約では1945年8月15日以前に関しては互いに請求権を放棄している。竹島問題は「戦後の対日戦争犯罪」であり、未解決のままだ。

韓国側はいつか必ず謝罪と賠償をしなければならない。

〈慰安婦問題〉

そもそも韓国人また朝鮮人の言う「慰安婦問題」なるものは、「日本軍が20万人におよぶ朝鮮の少女・女性を誘拐し、戦場に強制連行した上、性奴隷に貶め、大半を殺害した」というものだ。

彼ら自身がこう告発し、同様の主張を国際社会に対して触れて回っている以上、今さら論点ズラしは許されない。

だが、「娘が日本軍に誘拐された」と訴え出た家族は、戦中はおろか戦後も誰一人として現れていない。同様に、その誘拐の光景を目撃したと証言する第三者も現れた試しがない。当時を生きた朝鮮人の個人的な日記の中にさえ存在しない。

にも関わらず、韓国人はその「光景」を映画やドラマや漫画などで捏造し、内外で「性奴隷問題」や「アジアのホロコースト」として喧伝している。

これは人類史上もっとも卑劣な嘘である。そして、彼らが官民グルになって日本人という一民族を標的として実行している「誣告犯罪」であり、極めて陰険で邪悪なテロである。

「ユダヤ人がキリスト教徒の赤ん坊を誘拐して殺している」という嘘よりも、さらに悪質で卑劣な、およそ他民族に対する最悪のヘイトクライムである。

〈靖国神社参拝問題〉

中国は現に日本軍の侵略を受け、多数の犠牲者を出した立場であるから、「A級戦犯合祀」を理由に参拝を問題視するのは、まだ理解できる。

ところが、韓国人の場合はそもそも意見する資格すらない。なぜなら、日本軍の戦争犯罪の犠牲者でも何でもない。日本軍の侵略を受けたわけではなく、日本軍と戦ったわけでもない。それどころか、高倍率を経て約24万もが軍人軍属として日本軍に志願し、BC級戦犯148名を出した身だ。

つまり、韓国人は自身が連合国から戦争犯罪者として裁かれるほど、日本軍に加担していた側だ。

ところが、韓国の「国定架空戦記」では戦時中、臨時政府の軍隊が連合国の一員として独立戦争なるものを戦っていたことになっている。日本軍への志願も「強制徴兵されたもの」などと偽り、自身のBC級戦犯すら「被害者」などと位置づける有様だ。

また、彼らは約2万2千の韓国人英霊が靖国神社に祀られている現状にすらイチャモンをつけている。だが、仮に英霊から除外していたら、この連中は「死後もわれわれ韓国人を差別するのか?」などと、猛然と抗議していたに決まっている。

つまり、韓国人を祀っても祀らなくても、どっちにしても因縁をつけるのが、この民族のやり方なのだ。

韓国崩壊「誅韓論」目次http://korea-collapse.com/page-94

(慰安婦強制連行殺害なるデマは、日本人に対する卑劣なヘイトクライムでありレイシズムです。それに加担しているのが、自称の左翼とかリベラル派。いかにこの連中が異常かということです。さて、「韓国側が言いがかりをつけて無理やり問題に仕立て上げた例」ですが、次回はいわゆる「日本海呼称問題」と「歴史教科書問題」を取り上げます。)

スポンサーリンク